news

生方幸夫衆院議員、「『重要土地調査規制法案』の廃案を!」院内集会であいさつ

生方幸夫衆院議員、「『重要土地調査規制法案』の廃案を!」院内集会であいさつ TAGSニュース団体交流生方幸夫柚木道義

 市民団体主催による「『重要土地調査規制法案』の廃案を!」院内集会が10日、参院会館で開催され野党各党が出席。立憲民主党から生方幸夫衆院議員があいさつをおこないました。

 生方議員は同法案について「唐突に提出された、問題のある法案」という印象を述べ、「安倍政権から続いてきた戦争ができる国にづくりの法整備の一環である」と指摘しました。そして、「安倍政権以来、ハコ(大枠の法律)だけをつくり中味は政令で定めるという手法で国会での議論を形骸化させてきた」と現政権の国会軽視の姿勢を厳しく批判し、今回の法案についても、「法案の核心部分が明記されておらず、成立後に閣議決定する基本方針などに委ねられる」と問題点を指摘しました。そのうえで、「会期末の状況を踏まえ、内閣不信任決議案を視野に入れて廃案に追い込んでいく」と力を込めました。

 最後に生方議員は、「国民の意図に反して日本を戦争できる国に変えていく政権を交代させ、戦争をさせない国にするために市民と野党が協力して総選挙に勝利しよう」と述べ、あいさつを締めくくりました。

 立憲民主党から柚木道義衆院議員も出席し連帯のアピールをしました。